履歴書に長所や短所でエピソードを書く重要性とは?短所を克服、改善したエピソードを書こう!努力しているではダメな理由

履歴書に長所や短所でエピソードを書く重要性とは?短所を克服、改善したエピソードを書こう!努力しているではダメな理由

スポンサードリンク



履歴書に長所や短所でエピソードを書く重要性とは?

エピソード

自分の長所や短所を認識していることを効果的にアピールする

面接官や採用担当者は、長所や短所を聞き出して、その内容をもとに評価をし、採否を決めているわけではないのです。極端に仕事に不利になる短所があれば話は別ですが、「人見知りが酷くて、人と話せない。物忘れが酷い。」などという短所があっても、自滅するようなことを履歴書に書く人はいないでしょう。

そんなことを書けば、是非とも落として欲しいと言っているのと同じですからね。誰もができるだけ長所を多く伝えて、短所は目立たないように書いて、克服する努力をしていることをアピールするのです。面接官や採用担当者は、どんな長所や短所を持っているか?よりも、しっかりと自己分析ができていて、自分の長所や短所を認識しているか?という点をチェックしているのです。

どんな短所があっても、しっかりと認識していれば、克服することはできますからね。自分の長所や短所をしっかりと認識していることをアピールするためには、仕事のエピソードを盛り込むことが最も効果的です。

仕事のエピソードの経験から、このような長所があるので、もっと伸ばしていきたい!とか、このような短所を見つけたから、克服する努力を始め、今では、短所を改善することができました!このように具体的なエピソードをつけることで、面接官や採用担当者に与える印象が極めて良くなるのです。

あなたはどんな長所や短所を選んでいますか?エピソードを伝えられますか?

あなたは履歴書に書くための長所や短所を、どのような基準で選んでいますか?ちゃんと面接試験のことを意識して、長所や短所を選ばないと自分で自分の首を絞めることになってしまいます。書類選考に合格することができても面接試験に合格しないと採用を手にすることはできないのです。

面接試験で合格するためには、面接官から高い評価を得ることができる回答を準備しておく必要があるのです。かなり高く確率で、面接官や長所や短所について質問してきます。特に短所については深い質問をしてくることがあります。

質問をされた時に抽象的な回答をしてしまっては、インパクトを残すことができないので、二次面接に進むことはできないでしょう。強敵なライバルが多ければ多いほど、面接官の記憶に残るようなインパクトのある回答をする必要があるのです。

そのためには、長所や短所を効果的に伝えるためのエピソードを用意しておく必要があるのです。逆に言えば、質問されて面接官に強い印象を残せるようなエピソードがない短所や長所は選ばない方が良いということです。

逆転の発想で考えることで、上手に長所や短所を選ぶことができます。まずは、面接官にこれだけは絶対にアピールしたい!という仕事上のエピソードを選ぶのです。そして、そのエピソードの中に含まれている長所や短所を見つけ出せば良いのです。

短所を克服、改善するためにどのような努力をしたのか?エピソードでアピール

面接官や採用担当者に最も良い印象を与えるためには、ありふれた長所を普通にアピールするよりも、短所を克服、改善するためにどのような努力をしてきたのか?リアリティのあるエピソードをアピールすることが最善策を言えるでしょう。

長所を普通にアピールするよりも、短所を克服、改善したエピソードをアピールした方が何倍も強い印象を残すことができるからです。面接官や採用担当者は、しっかりと自分の短所を理解し、それを乗り越えるための行動力や忍耐力はあるのか?という点に重きをおいているのです。

そのような努力や忍耐が、仕事でもがんばりにもつながることを面接官や採用担当者はよく理解しているのです。つまり、諦めずに短所を克服、改善することができるような人材は、仕事でもコツコツと努力して結果を出してくれるし、短期で辞めることもなく長く会社に貢献してくれると評価してもらえるのです。

面接官や採用担当者にとって一番の脅威は、採用してあげても、数ヶ月や数週間で辞めてしまうという点です。短期間で辞められてしまったら、面接官や採用担当者が責任をとらされてしまうかもしれないからです。だからこそ、短所を克服、改善する忍耐力のある人材が求められるのです。

短所を克服、改善するために努力をしています・・・ではダメな理由

仕事ではプロセスよりも、常に結果が求められます。中途採用なら、尚更、結果が求められるのです。履歴書でも努力のプロセスではなく、結果を求められるのです。例えば、短所を克服、改善するための努力を現在進行形で続けています・・・ではダメなのです。

現在進行形ということは、未だに短所を克服、改善できていないということになります。つまり、入社後に努力を続けて、仕事をしながら短所を克服、改善していきます!とアピールしているようなものなのです。そのような理論が通用するのは新卒までです。

このような理由から、中途採用で現在進行形の努力をしています・・・ではダメなのです。努力して短所を克服、改善した結果を履歴書に書きましょう。そうじゃないと書類選考にすら受からないでしょう。

スポンサードリンク





長所に言い換え@ 長所に言い換えA 長所に言い換えB 履歴書テンプレート